迷いつつ 手探り

いまだに何かをわかったわけでもなく、ただ迷いつつ手探りでやり続けてるだけよ

運命の人

ボンソワール♡

 

 今週のお題「恋バナ」ですって♡

恋バナ、色々あるけれど、きっと素敵なお話を書く方が沢山いると思うから、

今夜は恋バナの先にある、アタシの思う運命の人とアタシの話を書くわ。

f:id:megumint:20160127202209j:plain

 

アラフォー・バツ一・シングルマザーのアタシ。

正直、もう恋愛なんてしないつもりだったの。

とにかくおチビさんを第一に生きて行くと決めてたし、運良く好きな仕事をさせてもらっていたから*1

恋愛は眼中になかったのね、二年前までは。

シングルになったと知った男友達や仕事関係の男性から再婚前提の交際申し込みなんかもあったけど*2

正直、そんな気分になれなかったからお断りしていたのよ。

 

■出逢いは想像もしなかったタイミング

そんな生活をしていたある日、某SNS*3を仕事絡みでしていたのだけれど、

そこでアタシの友人と知り合いだった男性がいたの。

その男性からアタシはある日、メールを貰ったんだけど、最初は警戒してたわ。

ただ、アタシの友人の知り合いみたいだったから様子を伺いながら返信はしていたけど(笑)

その男性とアタシは異業種だったけど共通の趣味でメールのやり取りをする事になったわ。

最初は他愛ない内容のメールだったり趣味のお話だったりしたんだけど

気が付くと彼から朝「今日もお互い、お仕事頑張りましょう」みたいなメールが来るようになり

気が付いたら朝夕、毎日メールのやり取りをするのが習慣になっていたのよ。

そんな関係になった二カ月後、美味しいワインを飲ませてくれるという事で逢うことになったわ。

 

何故逢う気になったかというと

彼のメールの文章がとても誠実で相手の事を考えてる内容だというのが伝わったから。

いざ逢う事になったのだけれど、その時はアタシは友人として逢う気構えだったの。*4

はっきり言って、アタシはこう見えて恋愛に関しては臆病だし、SNS経由で人と会うとか想像もしていなかったわ。ましてや恋愛するつもりもなかったのだから。

 

■出会うべき人 運命の人

彼と会った時、何故か「この人、前に会ったことあるのかしら」

そんな感覚だったわ。

なぜか懐かしい、一緒に居て穏やかになれる。

だけど「ビビっとくる」っていう一目ぼれの様な感覚はなかったわね。

 

初めて会ったその日、2人で食事とワインを楽しんで、彼は待ち合わせからアタシを送り届けるまで紳士的にエスコートしてくれたわ。下心なんてこれっぽちも出さなかったし、とても誠実な対応をしてくれたの。*5

 

その後、数回会うようになったのだけど、段々と相手の事を知り、好きになって行く感じだったわ。

身を焦がす様な情熱的な感じはなかったけど、一緒に居て居心地がよく懐かしく疲れない。

そして安心感と信頼感があったのを覚えてるし、それは今も変わらないの。

 

4回目のデートの時、彼から告白された時には心の奥に暖かいものが込み上げてきたのを今でも覚えてるわ。*6

 

■運命の人に出逢うには

「良いオトコ氏捕まえてやるわっ!!(鼻息)」

そんな気概は無かったのよね、その当時って・・・

実際、アタシの周りには本当に良いオトコが沢山いるけど*7

「彼氏にしたい」って目ではみてなかったのよね。ただ単に戦友みたいな感じだったわ。

それよりは自分自身に対して意識が向いていたかしら。

例えば

・今与えられた環境や仕事をより良くしたい

・もっと教養をつけたい

・容姿を綺麗にしておく(仕事柄、大事なので)

・いつも明るく穏やかにいる

・感謝の気持ちを持ち続ける

そんな事を心がけていたわ。それは今も同じなのだけれど。

 

「類は友を呼ぶ」っていうけど、今、周りに居る人が今の自分の状態じゃないかしら?

出会う人が自分自身を映す鏡みたいなものだとアタシは思うわ。

自分自身と向き合って積極的に待っていればいいのんじゃないかしらねぇ。

 

■周りの人が運んでくれた

彼と出逢えたのも、アタシと彼の共通の友人がSNSをしていて、その友人を介して

彼がアタシを見つけてくれたのよね。

仕事もそうだけど、出逢いって誰かを介して誰かが出会うというところがあるじゃない?

幸運も運命の人も人が運んでくれるのかしら?とアタシは最近思うの。

もちろん、自分自身の人間性を高めておくのは大事。*8

 

■今も変わらない人

あれからもう二年になるけど、彼は相変わらず穏やかでアタシだけじゃなく

おチビさんも大事にしてくれてるわ。*9

包みこむ様な優しさは以前より増し増しなのよ。

そしていつも幸せだ、幸せだってニコニコして仕事を頑張ってきてくれるの。

滅多に喧嘩はしないけど、した時はお互い逃げないでちゃんと向き合って話す事ができる関係を感謝してるわ。

 

この歳になっても運命の人っていうのはちゃんと積極的に待っていれば

現れるものなのかしらって思う事が出来たわ。

 

今でも、アタシ、酔った時には彼に感謝を込めていうのよ?

「アタシを見つけてくれてありがとう」

って。うふふ*10

 

最後まで惚気だったけど、ご清聴ありがとうございました♡

 

 

※予約投稿よぉ

 

*1:もちろんその仕事に就く為の努力もしたわよぉ

*2:本当、奇特な殿方もいるもんよね、ふふ

*3:リア充満載のFから始まるアレよ

*4:実はこの時すでに彼はアタシのメールの文章をみて好意を抱いていたそう

*5:もちろんいきなり「愛してる」だの「抱きたい」だの、すっトボケた事は言われてないわ(笑)

*6:この時、彼の事を思って色々あったのだけれど、それすらも彼はふわりと乗り越えて来てくれたのよ。本当に凄い人だと今でも思ってるわ

*7:仕事仲間のオトコ達は見た目も性格も能力も良くて俗にいう良いオトコ達。

*8:かと言って、アタシはそんな人間性はなく、運よく周りの人に恵まれてるだけなんだけど・・・

*9:アタシの友人や家族も

*10:彼は「僕のお嫁さんになってくれてありがとう」って言ってくれるのよ