迷いつつ 手探り

いまだに何かをわかったわけでもなく、ただ迷いつつ手探りでやり続けてるだけよ

子供が自分から宿題やお手伝いをし始める一冊

ボンソワール♡

 

朝は淹れたての珈琲とクロワッサンとフルーツをベランダに咲いた花を見ながら

優雅に子供とダーリンと笑いながらゆっくりと頂く。

 

そんな朝は休みの日だけで毎日の朝の時間は

「ほら!お友達が迎えに来る時間よ!!」

「宿題、ちゃんとランドセル入れて!!」

「昨日の夜に準備してないからでしょーーー」

「ほらぁぁ!テレビ見てないで早く朝ご飯食べてぇぇぇ!!!」

 

えぇ・・そうよ、これがリアル・・・(遠い目)

 

ある夜、おチビが寝た後にどうしたものかしらねぇ~と話していたら

「面白い本見つけたから読ませてみたら?」

そう言ってダーリンが教えてくれたのがこの本。

学校では教えてくれない大切なこと 8 時間の使い方

早速Amazonで注文しておチビに渡したらコレがどはまりよ?

中身は子供が大好きな漫画で時間の使い方の大切さをギャグを交えながら伝えてるわ。

特に親から見て伝えたい事柄の

■一日の時間の使い方

■お母さんの怒りの裏には

という項目は、本当に「そうなのよ!そうなの!」って思う内容。

 

これを読んだおチビ、次の日に

「週間計画表を作ってほしい」と言ってきたわ。

エクセルで作ってあげようか・・と思ったけど、ちゃんとダウンロード出来る仕組みになっていて、早速プリントアウトして渡したら自分なりのスケジュール(風呂掃除・宿題・ゲーム・テレビ・就寝等)を考えて計画して書きこんでいたおチビ。

 

この本の良いとこはこれだけじゃなく、この計画を遂行出来たら

お楽しみマップという表にシールもしくは印鑑を貰って20・50・100・200・300

ポイント制で自分が考えたお楽しみリストの目標(ご褒美)が貰えるという、

まさにお楽しみが待っているシステム(笑)
この表ももちろんダウンロード出来るからアタシは作らなくていいから楽。

 

一週間経過してるけど、自分で計画を立てて実行してるおチビ。

専用にキッチンタイマーも渡したお陰で

「30分以内にこれをする」

って時間管理をするようになったのよ。

ゲーム感覚で(もちろんご褒美目当て含め)時間管理を自分でするようになって

アタシが朝、夜と小言を言う回数が減ったのも事実。

 

この本、他にも「整理整頓」や色々出てるけれど我が家は

■お金の本

■友達の本

の計三冊を購入してるの。お金の本と友達の本も渡したら

色々と調べたりダーリンに疑問に思った事を聞いたりしてるわ。

 

 

楽しみながら、自分なりに考えて計画したら子供はちゃんとするものなのよね。

 

毎日、子供に「宿題したの?!風呂入りなさい!」って言うだけだと

子供も(パートナーも)自分も嫌な気持ちになるけれど

「そう言わないで済むにはどうしたらいいのか」

って考えて根本を見ることは大事よね。それは親子でも夫婦でも。

 

とにかく、ダーリンとこの本のお陰でおチビが楽しく時間管理に目覚めてくれたのは

アタシにとっても嬉しいわ。

 

子供がすぐに宿題しない・テレビをダラダラ見て毎日注意して疲れてるお母さんに

お薦めの一冊よ。

 

 

 

 

 ※アタシも時間管理の為、この記事は予約投稿よ(笑)